ロスミンローヤルは肝斑に効く?トランシーノとの効果の違いとは

結論:ロスミンローヤルが肝斑に効果が出る場合もある!

肝斑に特に効果があると謳われているのがトランシーノⅡです。しかし副作用のリスクも高いようです。

ロスミンローヤルも肝斑に対する効果が期待できると言われていますが、どちらが肝斑治療に良いのでしょうか?ロスミンローヤルとトランシーノの違いや肝斑に対する効果と副作用を比べてみました。

なぜ、ロスミンローヤルは肝斑に効くの?

ロスミンローヤルは肝斑に効くの悩む女性

トランシーノの方が「肝斑治療内服薬」として有名です。しかし、ロスミンローヤルにも肝斑に効果がある成分が含まれています。肝斑に効果がある成分から比べてみましょう。

肝斑に効く成分について

トランサミン(トラネキサム酸)

アミノ酸の一種。肝斑は女性ホルモンの乱れが原因のひとつです。女性ホルモンが乱れると「プラスミン」が生成され、これがメラニンに影響をし肝斑が出来やすくなります。

トランサミンはプラスミンを抑制する効果があり、肝斑の治療には効果があると言われています。しかしトランサミンは副作用も大きい成分のひとつです。

L-システイン

L-システインはシミに効く成分として有名です。メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成を助ける働きがあり、肌全体のトラブル改善に効果があります。

ビタミンC(アスコルビン酸)

美白や美肌効果と言えばビタミンCですね。抗酸化作用が強く、メラニンの発生を抑えます。美肌作りに欠かせないコラーゲン・ヒアルロン酸などの生成を助けます。

トランシーノとロスミンローヤルの一番の違いは「トラネキサム酸」が含まれているかどうかです。ロスミンローヤルにはトラネキサム酸は配合されていません。

しかし、肝斑に効果があるL-システインとビタミンCはしっかり配合されています。

「肝斑に効く成分」トラネキサム酸についての注意

トラネキサム酸は肝斑に高い効果がありますが、トランシーノにはこの成分が含まれています。ですから肝斑に効く薬として有名なのです。

しかし、トラネキサム酸はもともと医療機関でのみ処方されていた薬です。これを市販薬として販売するOCT薬です。トランシーノは第一類薬品となっており、副作用などのリスクが高い医薬品です。

いっぽう第三類医薬品のロスミンローヤルは副作用のリスクが非常に低いとされています。

トランシーノの添付説明書を読むと、「透析治療を受けている人は飲んではいけない」となっています。

注意ではなく「いけない」禁忌事項です。さらに次の人は医師に相談すべきとなっています。

  • 歯科治療中の人
  • 妊婦または妊娠していると思われる人
  • 授乳中の人
  • 55歳以上の人
  • アレルギーのある人
  • 血栓症のある人
  • 血栓症を起こす恐れのある人
  • 既往歴にある、または遺伝的に心配な人

かなりたくさんの人が「自分は大丈夫かな?」と不安に思うのではないでしょうか。

例えば血栓症ですが、現在治療中でなくても「恐れがある人」となっています。

しかし、あなたが「血栓症を起こす恐れがあるかないか」確実にわかっているでしょうか。遺伝と言いますが、身内に血栓症が出来た人がいるか確認した事があるでしょうか? 歯医者に通っている人も大勢いるでしょう。

肝斑は女性にとって大きな悩みです。でも様々なリスクがあるのを承知で、トランシーノで急いで肝斑をなくす必要性があるのか。そして絶対に全ての肝斑がなくなる保証もない事を考えると、ぜひ使ってみましょうとお勧めはしづらいですね。

ロスミンローヤルの成分だけでも肝斑の効果に期待できる

ロスミンが肝斑の効果を期待できる理由は、肝斑に効果がある「L-システイン」と「ビタミンC」がロスミンローヤルにも含まれているからです。

他にも生薬も配合されており、単純に「シミ消し効果・肝斑を消す効果」だけでなく、体調を整える効能もあります。

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因と言われています。血流を良くし、女性特有の症状が改善されることで、体の調子も良くなります。ホルモンが崩れるのを防ぐ効果もあるでしょう。

ロスミンローヤルを服用すれば、肝斑に対しても徐々に効果が出るはずです。

それでも「とにかく早く効果を感じたい」のであれば、ロスミンローヤルよりもトランシーノⅡを選ぶとよいでしょう。

注意!肝斑と紫外線が元のシミが併発していることも!

肝斑と紫外線がシミ元のになる事に驚く女性

実は肝斑とシミ、両方の症状が現れている人は珍しくありません。シミの種類を限定できないので気づかない場合もあり、注意が必要です。

肝斑と同時にシミが混在しているのはよくあるケースですが、紫外線が元でできるシミと肝斑を併発している場合はトランシーノの効果も半減してしまうかもしれません。

シミの原因が違うので、トランシーノを使用しても完全にシミが消えません。トランシーノを服用したら範囲は狭くなったけどシミは消えない、こんな時はロスミンローヤルを使うとシミ消し効果が期待できます。

肝斑治療で絶対にNGなのは?

『肝斑にレーザー治療は肌トラブルのリスクが高く要注意!』です。

肝斑治療でレーザー治療は絶対にNG

肝斑の治療として美容皮膚科で行われているひとつに、レーザー治療があります。「レーザートーニング」とも呼ばれます。レーザーを低い出力で顔全体に照射しながら、肝斑の治療を行います。

肝斑レーザー治療のリスク

  • 出力が強いと白抜けする
  • 回数が多くなると色素が抜けてしまうトラブルが発生しやすい
  • 隠れた肝斑に悪影響を与える
  • 眉毛などに当たってしまうと抜けたり焼けたりする事がある

他にも気になる点があります。美容皮膚科ですから医師が判断をしますが、実際の施術は別の人が行うところがほとんどです。レーザー治療は繰り返し行います。肌の状態をよく把握していない人によるレーザー照射は危険です。

フォト系肝斑治療のリスク

  • 見えていない隠れた肝斑に影響し逆に肝斑が発症してしまう
  • 出力が高いとやけど跡ができる

同じくフォトシルクプラスやフォトRFなどで、シミや肝斑の治療を行うと「出力の加減」でやけどのような肌トラブルが発症する可能性があります。

「レーザー治療」は隠れ肝斑のリスクを考えて!

ここで一番問題なのは、隠れた肝斑がわからずレーザー治療を受けるとシミの原因となる事です。目には見えない皮膚の奥にある肝斑に影響し、逆に色素沈着が進行しシミや肝斑を悪化させるのです。

ベテランの医師でも見逃すこともあります。美容皮膚科で医者の診断があるからといって安心はできません。どうしても受けたいのなら、口コミの良い実績のある美容皮膚科を選びましょう。

レーザーに比べて、ロスミンローヤルのように飲む薬は、効果が出るまで時間はかかるかもしれません。しかし、肌全体のリカバリー力をつけ、シミ消し効果の高いロスミンローヤルで気長に肝斑を治すのが安全ですし、確実です。

そもそもの肝斑の原因とは?

  • 肝斑=女性ホルモンバランスの乱れ+紫外線の影響
  • シミ=紫外線によるメラニン色素の沈着、遺伝的要因

肝斑は女性ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。男性は肝斑が出ませんし、妊娠や避妊薬の服用中に出来やすい所からも、肝斑は女性ホルモンの乱れが大きな原因であるとわかります。

その他のシミは多くが紫外線によるメラニン色素の沈着が原因です。肝斑もシミの一種ですから、主要な原因はホルモンバランスの乱れですが、紫外線も影響しています。

その為、メラニンを抑制するL-システインなどを配合するロスミンローヤルでも効果が期待できるのです。

私って肝斑?

自分のシミが肝斑なのか分からずに悩む女性

「私のシミ、肝斑かどうかわからない?」という方は、次のチェック項目で確認しましょう。

7つのチェック項目で確認!

□30歳?40歳代になっていきなり出来た
□妊娠や出産、ピルの服用時に出来た
□シミが頬周辺や目尻下あたりに「左右対称に」出来ている
□シミの範囲があいまいで形も決まっていない
□目のまわりだけ白浮きしている
□強いストレスを感じている
□過去にレーザー治療を受けたがシミが悪化している

上記に複数あてはまるようなら、そのシミは肝斑かもしれません。

肝斑の特徴を覚えておくと、よりわかりやすいですね。

肝斑の特徴

  • 女性特有で30代から40代に多い
  • ホルモンバランスが乱れる妊娠時などに出来やすい
  • 左右対称にできる特徴がある
  • そばかすやニキビ跡と違い形があいまいで範囲も広い
  • 肝斑は目の周辺だけはできず白く抜けたように見える

日ごろから肝斑を予防しよう

シミや肝斑は日ごろからの予防が大切

(1)女性ホルモンのバランスが崩れないように注意しよう

妊娠やピルを飲んでいるといった場合には仕方がありません。しかし女性ホルモンのバランスが崩れる原因で多いのが「ストレス」や「乱れた生活習慣」です。

女性に多い冷え性や肩こり、のぼせなど不快な症状でストレスを抱えるのもよくありません。日頃から気分転換やリフレッシュを心がけ、良質の睡眠を確保するようにしたいですね。

ロスミンローヤルで「女性特有の症状を改善」すれば、肝斑予防も期待できます。

(2)紫外線対策をしよう

肝斑の原因はホルモンバランスにありますが、紫外線によって悪化します。帽子や日傘で紫外線をシャットアウトする工夫が必要です。ロスミンローヤルのように、紫外線によるメラニン生成を抑える医薬品も効果があります。

(3)肌に強い刺激を与えない

肝斑だけではありませんが、強い力でフェイスマッサージをしたり、合わない化粧品を使ったりすると、シミも肝斑も悪化します。ゴシゴシと洗顔し、固いタオルで乱暴に拭いている人はいませんか? 毎日のお手入れこそ、優しく肌をいたわるように気をつけたいですね。

まとめ

早く肝斑を治したいならトランシーノです。しかしトランシーノは様々な副作用がかなり不安です。

トランシーノに含まれるトランサミンは肝斑に効果もあるけど、リスクもある事を充分に認識してから使用しましょう。内服する薬なだけに、体に直接影響があります。

トランシーノの副作用が心配なら、ロスミンローヤルでじっくり「シミと肝斑」を治していくのがいいですね。ロスミンローヤルは肝斑に効果がある「L-システイン」と「ビタミンC」が配合されています。

また生薬の力で体全体の調子を整え、女性特有の不快な症状も改善してくれます。ストレスが軽減し、ホルモンバランスの乱れを予防してくれます。

肝斑は確かに気になるシミの一種ですが、これによって大きな病気になるわけでもありません。副作用のリスクを考慮すると、多少時間はかかっても「ロスミンローヤルで肝斑もシミも治す」のが安心です。

公開日:  最終更新日:2017/07/18

PAGE TOP ↑