美白成分「ハイドロキノン」の効果と副作用・配合化粧品まとめ

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとはの女性

ハイドロキノンはイチゴやコーヒー、紅茶、麦芽などに含まれる天然にも存在する成分です。

別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど強力な美白効果があります。その効果は美白成分として有名なビタミンCやプラセンタ、アルブチンなどの10倍から100倍と言われています。

ハイドロキノンが化粧品に使われるようになったいきさつ

ハイドロキノンは元々写真の現像液に含まれていました。現像していた人の手の肌が白くなったことから美白効果があることがわかったのです。

効果が強力で刺激が強いため、以前日本ではハイドロキノンは皮膚科で処方してもらうしかありませんでした。2001年の法改正により、やっと市販の化粧品にも使用できるようになりました。

ハイドロキノンの美白効果のしくみ

ハイドロキノンの美白効果は主にこの3つの働きによるものです。

①メラニン色素の合成に必要な酵素、チロシナーゼの働きを抑制

②メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトを減少させる

 →シミを作らせない

③既にある褐色化したメラニンを還元して白色化

 →シミを白くする

つまり、今あるシミとこれからできるシミの両方に効果が期待できる!ということです。

今までの美白成分は、メラニン色素の生成を抑えることは可能ですが、今あるシミを取り除くことはできませんでした。

ハイドロキノンは何に効く?

・老人性色素斑(日光黒子)

 →いわゆる「シミ」のこと

・そばかす

・炎症後色素沈着

 →ニキビ跡、虫刺され跡など

・肝斑

ハイドロキノンは比較的肌の浅い層にできているものに効果を発揮しやすいそうです。

効かないのものは?

・黒子

・痣

・脂漏性角化症

・ニキビ

生まれつきある痣やホクロなど、真皮にまで達してしまったものは、残念ながらハイドロキノンでも効果が出ないそうです。

妊娠中や授乳中はやめましょう

妊娠中はハイドロキノンは使用しない

妊娠中はシミができやすく、気になる人も多いと思います。妊娠中や授乳中は肌が敏感になっているので、刺激の強いハイドロキノンは使わない方が良いです。

また胎児や母乳にも全く影響がないとは言い切れないため、使用するなら卒乳後にした方が良いですね。

ホルモンバランスが整えば消えるシミもありますので、紫外線対策をしっかりして様子をみましょう。

ハイドロキノン配合の化粧品

一般的に販売されているハイドロキノン配合化粧品は濃度1%未満~4%です。それ以上の濃度だと医薬品となり、皮膚科での処方となります。医師の管理下で使用することになるので、5~10%と高濃度のものもあります。

1~3%濃度は安全性が高いと言われる反面、効果は緩やかです。但し、刺激が強い成分のため低濃度でも肌が弱い人は注意が必要です。4%以上だと効果も現れやすいですが、より刺激が強くなるので副作用の可能性も上がります。

高濃度の海外製ハイドロキノンクリームをiHerb(アイハーブ)などの個人輸入サイトで購入することも可能ですが、自己判断で使用するのは危険です。高濃度を使用したい人は必ず皮膚科で合ったものを処方してもらいしましょう。

市販のハイドロキノン配合の化粧品

主に通販や百貨店で購入できます。ドラッグストアでも見かけることがありますね。

下記はハイドロキノンを含む化粧品の一例です。

・AMPLEUR(アンプルール)

・obagi(オバジ)

・b.glen(ビーグレン)

・Eukroma(ユークロマ)

・ドクターシーラボ

・Dermisa(デルミサ)

・EXFORE(エクスフォーレ)

・プラスキレイ

・エピステーム

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンの使用方法

洗顔後すぐはNG

洗顔後すぐは水分が多く含まれるので、ハイドロキノンの浸透性が高くなり、効果が出過ぎる可能性があります。

洗顔後20分置いて塗るか、化粧水の後に塗るようにします。

綿棒でシミの範囲だけに塗る

ハイドロキノン配合のクリームは手で塗ってシミ以外の場所につくと白斑の原因になります!綿棒で少量を丁寧につけるようにしましょう。

化粧水は顔全体に塗り広げることを想定して作られているため、使用方法を守れば心配ありません。

より効果を求めるならトレチノインと併用

トレチノインとはビタミンA誘導体のひとつで、ターンオーバーを劇的に促進して深い部分にあるメラニンを排出します。同時にハイドロキノンの浸透を高め、効果を出しやすくします。

ちなみに、トレチノインは刺激がかなり強いので、現在日本では医師の処方でしか入手できません。

でも・・・副作用とか大丈夫?

肌への刺激が強い

ハイドロキノン使用開始数日後にヒリヒリしたり赤みや皮剥けが起こることが多いです。ハイドロキノンの好転反応と、アレルギーやかぶれなどの場合があります。

特に、肌が弱い人は必ず低濃度から始めます。アレルギー反応が出ることもあるので必ずパッチテストを行うことも大切です。パッチテストで赤みや痒みなど何らかの症状が出た場合は、ハイドロキノンは肌に合わないので使用はやめましょう。

紫外線の影響を受けやすい

ハイドロキノン使用中はメラニン色素が作られなくなるため、肌が無防備な状態です。そのまま紫外線を浴びると色素沈着を起こす可能性があるので、ハイドロキノンを塗布後はいつも以上に念入りに紫外線対策をしてください。

朝は使用せず夜のみにするなど、ハイドロキノンを塗った後に紫外線を浴びないよう工夫も必要です。特に紫外線の強くなる春から夏場の使用は避けた方が無難です。

変質しやすい

ハイドロキノンは酸化しやすく不安定な成分です。光や熱に弱いため密封して冷蔵庫に保管します。

酸化すると茶色っぽく変色してきます。酸化したときにできるベンゾキノンという成分は毒性が強く、つけると肌にダメージを与えます。 余計にシミができたり肌トラブルの原因となるので、変質したものは絶対に使用しないで下さい。

長期間使い続けられない

ハイドロキノンは肌を弱らせるため、2、3ヶ月使用したら肌を休ませる必要があります。

また使い続けると白斑になる危険性もあります。効果が出たと感じたらその時点で使用をやめましょう。高濃度で使用期間が長いほどリスクは高まります。

間違った使い方で白斑に?!

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるくらい強力なので、シミ以外の皮膚についてしまうとかぶれたり、白斑(皮膚が白抜けした状態)になることがあります。白斑が出てしまったら元には戻りません。

濃度が4%以下のハイドロキノンでは白斑の例は報告されていませんが、必ず使用量を守りましょう。

まとめ

ハイドロキノンは副作用の報告も多く注意が必要

ハイドロキノンは強力な美白効果で即効性もあるという非常に魅力的な成分ですが、副作用の報告も多く注意が必要です。赤みが出たり皮剥けしたらメイクもできないので、大切な予定がある前には使用できないというデメリットもあります。

漂白剤並みの美白効果は確かに魅力ですが、それだけに頼らず、睡眠や食生活の見直しなどでターンオーバーを整えることも大切。

シミの排出を助けてくれる飲み薬などは副作用も少なく、同時に体質改善も見込めるので使ってみるのも良いですね。

公開日: 

PAGE TOP ↑