ロスミンローヤル調査隊!シミ消し薬の口コミ口コミから検証!シミってレーザー治療で消えるの?

口コミから検証!シミってレーザー治療で消えるの?

シミに悩む女性にとって、レーザー治療には関心があるはず! でもシミ消しのレーザー治療は「結果的にシミは一時的に消えただけ」再発を繰り返す「いたちごっこ」というケースも多いようです。そこで沢山の口コミを集めて、シミのレーザー治療についての効果・リスク・費用「その実態」を検証しました。

シミのレーザー治療経験者の口コミ

シミのレーザー治療経験者の口コミ

結論:レーザー治療ではシミが消えても再発するケースがよくある

治療後、薄いシミが浮き上がってきて不安

レーザー治療をして、数日するとカサブタになった部分がとれます。それですぐシミがなくなるわけではなくて、跡が残っていて、それが徐々に消えていく感じでした。けっこう完治するまで時間がかかります。あと施術後のケアが大変。日焼け対策などきちんとやらないと、シミ消しどころか余計にシミが濃くなるので、この辺を注意深くやれるかどうか、ですね。目立つシミはかなりきれいになりました。でも、また今、にじむような感じで薄いシミがあちこちに浮き上がってきていて不安です。

(Nさん/47歳/高知)

シミが消えたら別のシミが・・・

まず実感としては「痛かった」です。フラッシュ脱毛の経験があるのですが、あんな感じかなと勝手に思っていたら、けっこう痛くてビックリしました。私が通ったクリニックでは、表面の麻酔をするのですが、それでも痛かった・・・。実際にレーザーを照射しているのは10分もかかりませんでした。直径1㎝くらいのシミはレーザー治療から3ヶ月程度でほとんどわからなくなるくらいにキレイにはなりました。だからすごく喜んでいたのですが、しばらくすると、以前のシミとは違う色の「色素沈着」がおきて、ガッカリ。数ヶ月でよくなるとの話でしたが、シミが消えて、他の部分にシミみたいのが出来るなんてちょっと納得いかない感じ。

(Kさん/29歳/東京)

シミ治療に詳しいクリニック選びをしないと失敗する

顔の頬、おでこ、唇横など、いくつもの場所にシミが出来、娘にもすごい老けて見えると言われて、思い切ってレーザー治療をしました。確かに数ヶ月でいったんシミは消えたり、薄くなったりしたのですが、それからまたしばらくたつと結局別の場所や、せっかく消えた同じ部位にもシミが出来てしまいました。別のクリニックに行きましたが、シミにも色々と種類があり、レーザーだけでは完全に消えなかったり、再発する場合も多いと聞き、最初からきちんとリスクも説明してくれる病院を選ぶべきだったなと思いました。今は、レーザーの効果が高いシミを施術してもらい、他はシミケア医薬品で内面からも対策しています。

(Fさん/50歳/大阪)

逆に小さなシミが増えてしまった

レーザー治療はお勧めしません。私は大枚はたいてレーザー治療をし、シミが消えるどころか、前のより濃い目立つ小さなシミがたくさん出来てしまいました。炎症性の色素沈着みたいで、数ヶ月で消えると言われたけど、結局まだ残ってます。

(Hさん/44歳/福岡)

大きなシミが消えて若返りました

赤ちゃんの蒙古斑みたいに、顔に幅広く目立つシミがありました。レーザー治療をうけ、日光に対するケアなども先生の指導通り、きちんと行いました。レーザー治療は術後、自分で気をつける手間が大変ですが、それを怠らずに守ったおかげか、大きなシミもかなり薄くなりましたよ。シミがなくなったら、若返った気分です。しかし術後はテープをつけていて人と会うわけにもいかず、テープをとった後はそこだけ色が違って化粧もしづらく、数ヶ月はとにかく不便。それでもかなり丁寧にアフターケアをしないと、別のシミができたり、肌のトラブルに見舞われるのでひたすら我慢ですね。

(Kさん/59歳/神奈川)

レーザーでシミ取り大失敗

痛い。値段も高い。レーザーをあてた箇所のシミは消えたが、しばらくたつと前よりずっと目立つ黒っぽいシミが浮き上がるように出てきた。最悪。やらなければよかった。

(Aさん/48歳/埼玉)

きちんとした病院を選んでシミのレーザー治療を

某クリニックでレーザー治療を受けたのですが、メドライト?とかいうレーザーを照射したんですね。これは肝斑に効果的という事だったのですが、なぜかシミが余計に濃くなってしまいました。どうも実は肝斑じゃなかったようです。レーザーの種類によって、肝斑に効果があるのか、シミに効果があるのか、いろいろ違うらしくて、結局、医師の判断次第。いいクリニックを選ばないと大失敗します。逆に言えば、実績もあり、判断力もある先生なら安心して任せて、長年の悩みのシミも消えるという事です。私は最初失敗したので、その後はかなり細かく調べて、信頼できる病院で行いました。2度目はうまくいきましたが、費用はかなり高額です。あまり激安の所は微妙なので、知り合いがやった所などではない限り、ちらしとかサイトの「術前・術後」写真に惑わされないようにしたほうがいいです。

(Oさん/52歳/兵庫)

消えたシミが3年後にまた再発

目もとのシミをレーザー治療しました。カサブタがとれると、少しの間はその部分が他の皮膚と色が違って不安でしたが最終的に元のシミが消えたので満足でした。ところが最近になって又、目の横に薄いシミが、他にも小さなシミがポツポツとあらわれてガッカリしています。3〜4年たってから、シミが再発するというのは本当なんですね。

(Wさん/49歳/東京)

レーザー治療は怖い

先生の説明もよくわからないままレーザー治療を受けてしまいました。痛くて死ぬ思いでしたが我慢したのに、前より逆に色が濃くなった感じ(大きさは小さくなりました)です。さらに、しばらくの間は頬のあたりがしびれて大変でした。シミはかなりの数があるのですが、それ以来怖くなってレーザーは受けていません。

(Iさん/61歳/北海道)

フォトフェイシャルは永久的な効果はない

フォトフェイシャルは痛くないと聞いたのですが、結局一種のレーザー治療で、それなりに痛いんですよ。しかも確かにシミは一時的には消えるのですが、早いと1年程度、だいたい数年で元に戻ります。効果がないとは言いませんけども、永久にシミが消えるわけではないので、痛みや費用を考えるとあまり意味がないかも、と経験上思います。

(Uさん/37歳/秋田)

再会した友人、シミが戻っていました

友人がレーザー治療を受けました。彼女は50代ですがシミがあちこち、顔だけでなく手もとにもあり、70歳くらいに見えたんです。それがシミが消えて一気に若返ったので、私もやろうやろうと思いながら忙しくしていたのですが、翌年その友人と会ったら、また少しずつシミが増えているのです。指摘はしませんでしたが、それなりに費用もかけて、1年そこそこしかシミ消し効果がないのなら、ちょっとどうかな?と思います。

(Tさん/53歳/広島)

なぜレーザー治療の場合、シミが再発するの?

なぜレーザー治療の場合、シミが再発するの?

口コミを見ているうちに「どうしてレーザー治療はシミが再発しやすいのだろう」と疑問に思いました。多くの人が「シミはいったん消えた」と言っています。しかし早い人は数ヶ月で、また逆に3〜5年たってシミが一気に戻ってしまったという口コミも目立ちます。

シミが再発する原因4つ

  • シミの種類にあったレーザー治療をしていない
  • 炎症性色素沈着が起きる(半年程度で消えると言われるが、消えずに残る場合がある)
  • 1度のレーザー治療ではシミが取れきれない
  • 肝斑など皮膚奥(真皮)にあったシミが浮き出る

最も多いのが、シミの状態にあったレーザー治療を行わなかったため、効果が一時的だったり半減したりするケースです。そもそもシミはひとつだけでなく、狭い範囲にいくつもあったりします。するとレーザーの種類によって効果のあるシミは消えても、残りのシミは残ったままになります。再発ではないのですが、別に新しくシミが出来たように見えます。

戻りシミと言われるのは、炎症性色素沈着です。これはクリニックでも最初に説明されるはずですが、レーザー治療後に一時的にシミが濃くなったり、消えたはずのシミのところに色素沈着が起こります。一般的には半年程度で消えるのですが、体質や様々な理由からこの戻りシミが残ってしまう場合もあります。

1度の治療ではシミが完全に消えず、しばらくしてシミが濃くなり「再発した」と考えるパターンもあります。もともと既に皮膚の奥にあった肝斑が、レーザーの刺激がもとで浮き出てくる事もあります。

おおまかに分けましたが、実はシミが再発する理由は沢山あるわけです。これらのいくつかが重なって起こる事も当然あります。その為、レーザー治療ではシミの再発が多いという口コミが目立つのです。

レーザー治療にはこんなリスクもある!?

  • 同じ場所のシミが戻る
  • 肝斑が悪化する、または肝斑が発生する
  • 白斑になる
  • 顔にしびれや赤みが出る

1番多いのが、同じ場所にシミが出来る「戻りシミ」ですね。説明したように色素沈着が起きるもので、多くの場合は数ヶ月で元通りになるはずです。ところが人によって肌の状態はそれぞれですから、中にはそのまま色素沈着が残ってしまい、せっかくシミをとったのに、「またシミが出来てしまう」ケースも多いようです。

また、レーザーには色々な種類があります。医師の判断はもとより、クリニックにどれだけの種類のレーザーがあるかにもよりますが、間違った部位に間違ったレーザーを当てると、以前より症状が酷くなる事があります。その代表例が肝斑です。肝斑とシミは違うものですから、合っていないレーザーを当てることによって、肝斑が余計にひどくなるといった例はよくあります。また、それまで肌の表面に浮き出ていなかった「肝斑」が、レーザーの刺激によって皮膚の表層に浮き出てしまうといった事もあります。

白斑は顔には出来づらいと言われていますが、これもレーザー治療の失敗例のひとつです。アザのような元のシミが今度は白く浮き出てしまいます。

シミの再発とは少し別例ですが、レーザーは敏感な顔に熱を照射するようなものですから、中には肌や体質に合わず、顔が赤くなる事も。もっと悪い例では「顔面のしびれ」といった後遺症が出る場合もあります。

レーザー治療のメリット・デメリットまとめ

レーザー治療のメリット・デメリットまとめ

シミを消すレーザー治療のメリットとデメリットをまとめました。

レーザー治療のメリット

  • シミが短期間でとれる
  • 気になるシミだけピンポイントで治療できる

レーザ治療の口コミを見ると「思ったより時間がかかる」という声が多いですね。これはシミをレーザー治療した後の「ダウンタイム」があり、この間はかさぶたになり、それがとれてしばらく肌の色が違う時期があるからです。個人差はあるにせよ、1週間程度は外出しづらいかもしれません。それでもレーザー治療は即効性があり、塗るタイプの薬などと違い、シミが短期間でとれるメリットはあります。

また、レーザーは光を照射するので、気になるシミだけを処理するのも可能です。

レーザー治療のデメリット

  • 術後のアフターケアが大変
  • 1度とれたシミが戻る「戻りシミ」ができやすい
  • 薄くなっても完全には消えないシミもある
  • 痛みが強い
  • 費用が高い
  • 医師の判断によってはトラブルも

口コミにも多い通り「レーザー治療後のアフターケアがとにかく面倒」です。太陽に当てないように気をつけ、しばらくは日焼けに注意しなくてはなりません。テープを貼ったり、薬を塗ったりする手間も大変です。

痛みも人によっては非常に辛いようです。クリニックでは麻酔も使用してくれますが、つまりそれだけ「痛みが強い」とも言えますね。

何より、そうして大変な思いをしてレーザーでシミをとっても、数ヶ月後にもっと色が濃くなったとか、しばらくしてシミが又出来てしまったという人が多いのが残念なデメリットです。シミの種類をしっかり見分けて適切な治療とアフターケアを徹底して指導してくれるドクターならいいのですが、そうでないと思わぬ肌トラブルが起きることもあります。極端な言い方をすれば、レーザーは光の熱で一時的に肌を「ヤケド」のような状態にするのですから、肌への負担も大きいのです。

レーザー治療の費用

レーザー治療の費用

シミ治療のレーザーにも様々な種類があります。その為、費用はかなり幅があります。

有名美容外科「シミ」レーザー治療料金表

治療法 部位 料金
品川美容外科 メドライト 8600円
湘南美容外科 レーザートーニング 8500円
高須クリニック レーザー 1㎝×1㎝ 10000円

*大手美容外科クリニックでは、初回のみ「2500円〜」といったお試し価格もありますが、基本的には数回の治療が必要です。表には2回目以降の料金を載せています。また、シミの大きさや種類によって、治療法が違い、それが料金の違いにもなります。他にも外用の薬が処方されるので、そちらの費用もかかります。

シミケアのレーザー治療費ですが、だいたい概算としては

1回4,000円〜30,000円

くらいでしょうか。

かなり料金に差があるのですが、レーザー治療といっても

湘南美容外科の場合

  • スペクトラ
  • レーザーフェイシャル
  • フォトアドバンス
  • ルビーレーザー
  • ハイドロキノン

とざっと挙げただけでも、これだけの種類があります。一番高いレーザーフェイシャルで12000円台から、ですね。さらに麻酔や処方箋の費用がプラスされる事も念頭に置いておきましょう。

いずれにしても費用は保険が適用されないので高額になりがちです。一般的な皮膚科での治療も行えますが、この場合は保険適用となるケースもあります。しかし、皮膚科ではレーザー治療を行っていない所も多いので、必ず事前に確認しましょう。

レーザー治療に関するよくある質問

レーザー治療に関するよくある質問

Q:どこでシミのレーザー治療が出来るの?
A:皮膚科・美容外科でレーザー治療が出来ます
美容外科・美容皮膚科の方がシミのレーザー治療には向いています。皮膚科でも対応しているところはありますが、一般皮膚科だと全く行っていない場合もあるので事前に問い合わせてから行きましょう。他にも形成外科でも行ってくれる場合があります。
Q:術後のダウンタイムはどのくらい?
A:1週間〜10日程度です
術後のダウンタイムはおおむね1週間程度です。レーザーをあてて、1週間から10日くらいで「かさぶた」がとれます。この間は、施術した部位をテープなどで保護します。かさぶたが取れたところは他の肌と色みが少し違います。そこから完全にシミが消えるまで2〜3ヶ月は必要です。
Q:レーザー治療の注意点は?
A:病院選びが大切なポイント
シミといっても、肝斑かもしれませんし、老人性色素斑、そばかすなども含まれます。レーザーの種類を正しく選ばないと効果が得られません。時には逆にトラブルを引き起こす事もあります。 さらに大切なのは、術後のアフターケアです。レーザー治療はほんの数十分で終わりますが、その後、処方された薬や、保護テープはきちんと指示された通りに使用しましょう。アフターケアを行わないと、全くシミ取りの効果が出ないばかりか、余計にシミが濃くなる場合もあります。 シミの判断、治療法の選択、アフターケア、すべてにおいて病院と医師の判断が重要です。それだけに病院選びは慎重にしましょう。
Q:シミのレーザー治療ができない人はいる?
A:日光に弱い人には向いていません。
シミのレーザー治療を受けられないのは、

  • 日焼けしている人
  • 光線過敏体質の人
  • 妊娠中及び授乳中
  • 免疫異常のある人
  • シミの部分が腫瘍等の疑いがある場合
  • シミの部位に皮膚疾患がある人
  • ペースメーカーを装着中の人
  • 持病等がある場合(要相談)
ですね。病院によって違いはありますが、基本的に上記のどれかにあてはまる人はレーザー治療は受けられません。

継続的にシミケアをしたいなら、内側からのケア(医薬品)も効果的!

内側からのケア(医薬品)も効果的! /></p>
<p class=結論「医薬品のシミケアでじっくりシミ消しをしよう」

シミ消しといえば、即効性がある為かレーザー治療が人気です。しかし口コミにもある通り、多くの人がレーザー治療で「またシミが出来てしまった」と再発に悩まされています。

例え時間はかかっても、根本的なシミ対策には医薬品のシミケアがオススメです。

医薬品によるシミケアについて

最近は「飲んで治す」シミ消しが沢山出ています。ただ、多くの種類がある中でサプリメントと医薬品では、大きな違いがあります。サプリメントやシミ消し効果があるクリーム等は、「飲まないより・使わないより」はシミ予防としての効果は期待できますが、効能として認められてはいません。ですから「やらないよりはマシ」という予防効果を期待する方がいいでしょう。

「シミを消す」のであれば、効能がハッキリしている医薬品シミケアですね。

シミケア医薬品のメリット

  • シミに有効な成分が配合されており効能が認証されている
  • シミ以外の美白ケアにもよい
  • 肌への負担なくシミのケアが出来る
  • レーザー治療より安い
  • 継続使用でシミ予防ができる

シミケア医薬品のデメリット

  • 飲んで翌日にシミが消えるわけではない
  • 飲み忘れなどが面倒
シミケア医薬品「ロスミンローヤル」おすすめの理由

(1)紫外線ダメージをブロック

(2)生薬成分が体の内部からシミケア

(3)シミだけでなくシワもなくすアンチエイジング効果

シミができる、シミが濃くなり目立つ・・・その原因は紫外線です。ロスミンローヤルは毎日服用するだけで、紫外線からのダメージを軽減してくれます。

ロスミンローヤルは医薬品ですから、きちんと効能が示されています。シミが薄くなる効果があると認証されています。

表層のシミが徐々に薄くなるには、古い角質層が生まれ変わる必要があります。それには皮膚の細胞が生まれ変わるターンオーバーが重要で、古い皮膚がはがれ落ちて表面にあらわれていたシミが消えていきます。ロスミンローヤルに含まれる生薬の成分は、肌の新陳代謝を高め、このターンオーバーを促します。

また、冷え性や女性特有の症状改善にも効果がある為、体調が良くなり血行も促進、結果的に「肌荒れ」がよくなり、シミケアに最適です。

ロスミンローヤルは他のシミケア医薬品と違い、「シワ」にも効果があるのが認められています。

飲むだけで体調も良くなり、肌質も改善、そして1番の悩みである「シミ」消し効果も高い。ロスミンローヤルは飲む「シミケア」としてオススメです。

レーザー治療だけでなく、多少時間はかかっても最終的にシミをなくし、その後もシミを再発させない為にロスミンローヤル・シミケア医薬品という選択も考えてみて下さい。

公開日: 

PAGE TOP ↑